しっしーのお計算ん向上委員会

計算の解説に究極特化してます。計算は、すっごくたのしい遊びだよ!!

MHXXにはとんでもない残留組がいた。

最近、モンハンダブルクロスにてオンラインプレイを始めました。

 

GaRaNaさんの足元の4万km先に及ばないながら自分も片手剣使いなので一部を除き麻痺らせたり乗ったり罠仕掛けたりして誰か被弾したら粉塵がぶ飲みしたりして皆様のサポートをしているわけであります。

 

いつものように部屋を探してG級テオ・テスカトルを4人で突撃したんですよ。

 

武器はそれぞれチャージアックス、弓、双剣、片手(自分)でした。

 

で、10何回か狩ったんですけども、

 

 

 

はええ。

 

みんなには悪いけど最初、あまりの速さにちょっとキショく感じたわ流石に。

 

だって4人とはいえ、平均timeが3分半なんだぜ?

 

しかもクエスト始まって放っぽられる場所に恵まれて出た最短が約2分40秒て。

 

カップラーメンにお湯を入れて食べられるようになるまでテオ狩ろうかな、と思ってホントに狩れちゃう、テオはそんな奴だったのかよそんなテオ話聞いたことねーぞ。

 

最後にイベクエ仕様のテオを狩ったんですけどさすがに強化個体だから5分針になるだろう。と思ったんですよ。

 

 

 

 

約4分40秒。

 

まさか強化も0分針で終わるとおもわなかったわ。

 

「4人で行けばそりゃそんぐらいで終わるっしょ」て思うだろうけどコレ野良だよ。

 

初めて出会ってあのタイムはスゴイと思わへん?

 

今まで時間のことしか言ってないけど最もすごかったのは、ピンポイントノヴァこそあれ、怒り解除スーパーノヴァが1度も無かったことですよ。

 

テオの代名詞を1度も見せないみんなのすごさよ。

 

そして見せ場を一回も用意してもらえなかったテオの可哀そうさよ。

 

ただ、自分は片手なのでほぼ全てのモンスターにいえることなんですけど与ダメージにおいて他の3人程自分は貢献出来てないんですよ。

 

だから代わりに何をもって貢献するか?

 

そこをまあまあ考えてまいりました。

 

陳腐ではありますが麻痺片手を担いで粉塵がぶ飲みプレイ、という結輪を下しました。

 

一応装備をここにあげておきます。

 

デスレストレイン

飛燕[1]×2

ネセト頭

識究[1]×2

ネセト胴

識究[1]×2

ネセト腕

乗慣[1]×3

ネセト腰

乗慣[1]×1 匠[1]×1

ネセト足

匠[3]×1

天(泡沫+1匠+4s3)

研磨[1]×2 飛燕[1]×1

ブシドー(ラウフォⅠ)

斬れ味+2、砥石使用高速化、乗り名人、飛燕、龍識船の心

 

一部死にスキル無くね?とお思いでしょうがこれはバルファルクと共用しております。

 

他モンスターも装備を共用していて全モンスターで何装備するか考えてExcelにまとめた結果、39通りでまとまったので(まとめるようにした)ちょっと妥協しました。

 

待ち時間を極限まで削るためには仕方なかったんや。

 

今回のテオ戦でどうやら麻痺は1回だけなのが分かったので

「4人いる時に麻痺らせて誰か被弾したら即粉塵を使って火力源の3人が攻撃だけ出来る環境を作る」

ことが自分の役目なのかなと考えました。

 

状態異常値を増やすスキルは付いてませんが蓄積値上昇の関係上4人だと付けようが付けまいが麻痺る回数は変わらないのでカットしました。

 

今後もモンハンXXは続けてまいります。

 

一期一会なんて言葉があるけどまたあの3人に会えるかな?